第1四半期決算が発表、ソフトウェアは好調

SHARE:

BlackBerry logo

BlackBerryは2017会計年度第1四半期決算(2016年3月~5月)を6月23日(米国時間)に発表しました。
ソフトウェア,サービスについては順調な伸びをみせているようですが、スマートフォン不振が続き大減収となりました。
米会計原則(GAAP)ベースの売上高は4億ドルということで、前年同期(2015年3月~5月)の6億5800万ドルから39%減少。
前年同期に関しては6800万ドル黒字を計上、今回の純損失は6億7000万ドル。
希薄化後1株あたり損失は1.28ドルとのこと。
非GAAPベースの場合、売上高は4億2400万ドル、純損失は100万ドル、希薄化後1株あたりでは収支とんとんとなる。
非GAAPベースの事業別売上高は、
ソフトウエアおよびサービスが1億6600万ドル(総売上高の39%)
サービスアクセス料が1億600万ドル(同25%)
スマートフォンを含むモバイルソリューションが1億5200万ドル(同36%)
BlackBerryは、ソフトウエアおよびサービスの通年の売上高が30%成長すると予測しているとのこと。
気になるスマートフォンに関して、第一四半期の販売台数は50万台となり前期から10万台減っているということになっていました。
 
Source:CNET,ITpro