簡単なBlackBerry PrivとBlackBerry DTEK50比較

SHARE:

blackberry-dtek50-6-580x358

BlackBerryDTEK50の本体サイズは(147×72.5×7.4㎜)となっており重さは135g
これをみると、Privより小さくはありますがPrivより軽量となっています☆彡
一方BlackBerryPrivに関しては(147× 77.2×9.4㎜)の192g
ですがQWERTYキーボードを搭載!明らかにハイスペックな機能を搭載。
BlackBerryDTEK50は、5.2インチのディスプレイ。
424ppiの画素密度が得られるフルHD解像度
BlackBerryPriv5.4インチで少し大きめのディスプレイ
40ppiの画素密度が得られる2560x 1440ピクセルで、二重の解像度
理論的にPrivはインチの問題で、DTEK50より鮮明な画像と特色が!
BlackBerryDTEK50
RAM3GB、クアルコムのSnapdragon 617プロセッサが搭載。
microSDで拡張可能、バッテリーは2610mAh、内部ストレージは16GB
BlackBerryPriv
クアルコムのSnapdragon 808チップ搭載、RAM3GB
DTEK50の倍となる内部ストレージ32GB、バッテリーは3410mAhとなっており、BlackBerry最大のバッテリーを搭載
BlackBerryDTEK50BlackBerryPrivどちらともAndroidOS最新アップデート可能。

BlackBerryDTEK50はPrivに比べて小型化、軽量化デバイス。
物理キーボードが搭載されていないのが最大の欠点ですが、価格を見てみるとPrivの半額程なので、中間スペックとしては申し分ないと思います☆彡
BlackBerryPrivに関してスペック的には(日本語キーボードなどは除く)、今のところ大きな欠点といった欠点は見当たらなく、BlackBerryのハイスペック機!といった内容です。
そちらにしても、物理キーボードが搭載されていないモデルと搭載されているモデルの比較なので参考になるかは分かりませんが、内部ストレージ、バッテリーは勿論、やはりBlackBerryは物理キーボードあってこそだと思うので、BlackBerryPrivをおススメします!(^^)!