第2四半期は純損失が縮小。売上高は大幅減

SHARE:


カナダのスマートフォン(多機能携帯電話、スマホ)メーカー、ブラックベリーが26日発表した第2・四半期(6~8月)決算は赤字幅が予想を大幅に下回った一方で、売上高は落ち込んだらしいです。。。


ロイターの情報によると、


純損失は2億7000万ドル(1株当たり0.39ドル)と、前年同期の9億6500万ドル(同1.84ドル)から縮小。

リストラ費用などの一時的項目を除くと、1株当たりの損失は0.02ドルとなった。トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリスト予想は0.16ドルの損失だった。

一方、売上高は前年比で40%以上減少し、9億1600万ドルとなった。


ジョン・チェン最高経営責任者(CEO)は声明で「われわれの人員削減は終了しており、売上高を伸ばすことに注力している」とし、企業向けのモバイルおよびセキュリティーサービスで業界を主導する地位をさらに強化するために賢明な投資を行っていると説明した。


Source:reuters


.