AppleとBlackBerryのプライバシー保護方針の違い

SHARE:

large

近頃はAppleのプライバシー保護問題で、FBIとロック解除問題で激戦を繰り広げているようですが、国連までもが介入してくるという凄いことになってますね(;・∀・)
そんなプライバシー尊重をBlackBerry CEOジョン・チェン氏は「やり過ぎ」とのこと!
チェン氏は「ユーザーのプライバシー、セキュリティをどこよりも尊重している」ともコメント。
確かに、BlackBerryといえばプライバシーやセキュリティが第一に浮かぶ(QWERTYキーボードも笑)
米国オバマ大統領も使用する程ですし、初Android搭載端末「Priv」もプライバシー保護を強調しています!
ですが、BlackBerry側は、犯罪者にまでは敷衍されることはない。としており、BlackBerryのプライバシー保護は当局が関与することのない一般ユーザーのみが対象との考えだそうです!
今回の問題では、ブランドの価値を損なうというのが理由だとも述べており、BlackBerryはAppleとのプライバシー保護についての違いを示したようです。
BlackBerryは昨年12月にユーザープライバシーの大規模な損害になりえる要求をパキスタン政府側から受け、テロや犯罪活動などの捜査であれば喜んで法執行機関に力を貸す方針でしたが、パキスタン政府側の要求は、市民の安全などに関わる問題ではなく、「BES顧客の全情報への自由なアクセス」というプライバシー保護を失う要求だった為、パキスタン完全撤退という道となっていました!
 
Source:iPhoneMania,InsideBlackBerry